三井住友VISAカードのポイント還元率や簡単に貯める方法をまとめてみた

三井住友VISAカードの還元率は高い?

最近は様々なカード会社から個性あるクレジットカードが発行されています。そんな中、結構古くから有名なクレジットカードとして「三井住友VISAカード」があります。

 

 

歴史ある三井住友VISAカードなのでポイント還元率などは高いのでは?と思ったり、いろいろとお得なサービスなどあるのでは?など期待してしまうと思います。

 

 

そこで三井住友VISAカードについてポイント還元率や、ポイントを簡単に貯める為に利用しておきたいサービスなどを調査してみましたので、ご参考にしてください。

 

 

三井住友VISAカードのポイント還元率は?

カードの種類によって異なりますが、ポイント還元率は基本0.5%となっております。デビュープラスという18歳〜25歳しか持つことのできないカードのみ1.0%還元となっています。

 

 

このデビュープラスはカード申し込み後3ヶ月間については、ポイント還元率が2.5%となっておりとても優遇されていますが、18歳〜25歳までという年齢制限があるので、実際はほとんどの方が一般的なカードになると思います。

 

 

そうなると「えっ?たったの0.5%?」と思ってしまうかもしれません。現在では還元率の高いクレジットカードなども登場しており、少し物足りない感じですよね。

 

 

しかしポイントを貯める為に関連したサービスを利用すると、ポイント還元率が10倍など跳ね上がる可能性があるので、還元率が低いカード、という訳ではありません。

 

 

もしポイントを貯めたい!と思うのであれば、様々なサービスを活用することがコツになってきますので、それらのサービスをご紹介します。

 

 

カードのおさらい
クラシックカードなど(一般カード) 利用額1000円で1ポイント
デビュープラスカード 利用額1000円で2ポイント

※1ポイントは5円の価値

 

 

ポイントを少しでも多く貯める方法

ポイントを多く貯めたいのなら、やはり基本はカードで買い物をしたりすることになります。その為ショッピングをする場合に活用しておきたいサービスがありますので、ご紹介します。

 

 

V-collection(ネットショップ)

V-collectionというネットショップのサイトがあります。このサイトではワインやブランドバッグ・財布、生活用品などがあり、中にはおせちなど旬の食品なども取り扱っている通販サイトです。

 

 

Amazonや楽天市場まで規模は大きくないですが、比較的いろいろな商品を購入することが出来る通販サイトで、通信販売カタログ「Home Shopping」に掲載されている商品なども購入可能。

 

 

カタログの商品番号で簡単検索などをすることが出来ます。ここでの買い物はすべてポイントが10倍となりますので、お得になります。またプラチナカードなら5%割引が適用されるのも嬉しい特典となるでしょう。

 

 

またワールドプレゼントポイントも商品購入の為に使えます。1ポイントを3.78円で使えるということで、100ポイントを使うと単純に378円分となります。

 

 

ポイントUPモール

ポイントUPモールというサービスは、比較的お得にポイントを貯めやすい環境になっています。どのような仕組みとなっているのか、と言いますと単純に「お小遣いサイト」のような仕組みです。

 

 

例えばウイルスソフトのマカフィーなどですと現在20倍キャンペーンなどを行っており、単純にポイントUPモール経由で商品を購入すると20倍のポイントを入手できる仕組みです。

 

 

また楽天市場やアマゾンのようなショッピングサイトの案件などもあり、様々な案件がありますのでネットでショッピングを良くする方なら使いやすいサービスとなっています。

 

 

楽天市場でも普通にポイントが2倍となったりしますので、普通に買い物をしている方は損をしますので必ずポイントUPモールを活用して無駄をなくしてください。

 

 

ちなみに、買い物など以外でもポイントを貯めるサービスをポイントアップモールでは提供しています。

 

 

ポイントUPメダルを貯めてポイントゲット

特定のwebサイトにアクセスすると「ポイントUPメダル」というのをゲットできます。このメダルは10枚貯めると1ポイントに変えることができます。

 

 

ただ、ポイントUPメダルをゲットする為のサイトですが、数が少ないのでなかなか貯めずらい感じですので、暇な時や気が向いた時などに利用するといいでしょう。

 

 

ビンゴゲームでポイントゲットできるかも!

毎週月曜日の12時スタートのビンゴゲーム。1位は400ポイント、順位が悪い場合でも20ポイントと運が良ければ貯められるゲームだと思います。参加費などかからないので一応チャレンジする価値はあるでしょう。

 

 

またお得なクーポンやセール情報などもポイントUPモールから情報を配信していますので、ポイントUPモールを活用するのであればチェックしておくといいでしょう。

 

 

ココイコ!

ココイコ!というのはサイトで紹介しているお店を利用すると、通常よりも多いポイントを入手することができたり、もしくはキャッシュバックを受け取ることができるサービスです。

 

 

ポイントアップモールはネットの通販サイトなどサービスの利用がメインでしたが、ココイコ!はリアル店舗での利用、というような感じですね。

 

 

店舗ですが、びっくりドンキーや東急ハンズ、はるやま、大丸などなかなか揃っており、もし行く機会があるのならエントリーを事前にしておくといいでしょう。

 

 

ご利用はまず「エントリー」が必要となりますので、必ず先にエントリーをしてから指定したサービスを利用することになります。

 

 

またポイントを受け取るか、キャッシュバックか好きな方を選べます。サイトで見た感じですと「ポイント」「キャッシュバック」と2つも受け取りができる!と思ってしまいがちですが、どちらか1つになります。

 

 

プレミアムポイント加盟店の利用

ポイントをたくさん貯めたいのであれば、プレミアムポイント加盟店という一部の店舗があります。このような店舗で三井住友visaカードを使うとポイントが優遇されます。

 

 

こちらは事前エントリーなど無しでOKですが、店舗数が限られているので利用できる機会が滅多にないのが残念な点です。

 

 

また加盟店にはステッカーが貼っており、そのステッカーに記載されている倍率分のポイントを入手することが出来ます。

 

 

ボーナスポイントサービス

カードを使って貯める方法ですが、三井住友visaカードの年トータルの利用額で「V1〜V3」というステージが決定されます。ステージが決定されると、その年のカード利用額によって「ボーナスポイント」が付与されるシステムです。

 

 

 

 

ボーナスポイントの還元率ですが、例えばプラチナ・ゴールド・プライムゴールド会員の方で「V1ステージ」なら基本10万円で20ポイント(50万円で100ポイント)となりますので、還元率は0.1%です。

 

 

逆にそれ以外のカードでV1ステージの場合は10万円で10ポイント(50万円で50ポイント)ですので還元率は0.05%です。イマイチ還元率は高くないので、そこまで気にしなくてもいいでしょう。

 

 

他にはマイ・ペイすリボなどがあり、リボ払いにするとポイントが2倍となりますが、手数料がかかるので結局は損をしてしまうので、純粋にポイントを貯めたい!というのであれば控えておくべきでしょう。

 

 

このようにポイントを簡単に貯める方法として様々なサービスを利用することが挙げられます。これらのサービスを活用しないと基本は0.5%のカードとなってしまうので、是非利用できるのであれば使っておきたい所です。

 

 

貯めたポイントは交換・移行・チャージなど可能

三井住友visaカードで貯めたポイント(ワールドプレゼント)は普通に商品などと交換したり、またポイントを移行したりチャージなどを行ったりすることまで出来ます。

 

 

数多くのサービスにチャージや移行などが可能ですので、もし利用頻度が高いサービスがあればポイントを移行したりするのも考えておくといいでしょう。

 

 

またどのような交換先があるか、以下にまとめてみました。

 

 

景品交換(200ポイントから可能)

三井住友visaカードのポイントを景品と交換することが可能です。景品はいろいろな種類があり豊富に揃っていますが、この場合は景品が高い値段の場合もありますので、ポイント数を計算してお得に使うことが大切です。

 

 

目安としては1ポイント=5円と思っていればいいでしょう。1000ポイントの景品がある場合、5000円で買えるのか?それよりも安く買えるのか?など考えて交換するといいでしょう。

 

 

キャッシュバック

キャッシュバックとはそのままで、ワールドプレゼントのポイントをカードの請求額からポイント分を引くことができます。

 

 

キャッシュバックの場合は1ポイント3円ですので、例えば1000ポイント分をキャッシュバックに利用すると3000円分を利用金額より引かれます。

 

 

カードのチャージ

プリペイドカードのチャージ

三井住友VISAプリペイドカードとは、事前にお金をチャージしておくことで、チャージした金額分をクレジットカードと同じような使い方ができるカードになります。

 

「デビットカード」と似ていますね。この三井住友VISAプリペイドカードにポイントをチャージすることができます。

 

(1ポイント=5円)

 

 

iDバリュー

三井住友カードiDになるのですが、iDは非常に有名な決済方法だと思います。スマホ・携帯で利用できるiDは気軽に使える点は優秀で、利用できるお店もかなり多くあり自販機などでも使える場合があります。

 

(1ポイント=5円)

 

 

スターバックスカードにチャージ

スタバで利用可能なカードで、スターバックスでの買い物をすると「スター」が貯まり、貯めると限定商品を購入できる権利、新商品の優先的な購入権利、商品プレゼントなどお得なカードでもあります。

 

もちろんチャージして店舗でコーヒーの購入などで使うことができます。

 

(200ポイント=スターバックスカード800円分)

 

 

タリーズカードにチャージ

喫茶店でおなじみのタリーズ。このタリーズが発行する「タリーズカード」にチャージすることが出来ます。

 

タリーズカードで店舗のドリンクが10円引きになるのがメリットで、カードのデザインなども限定版があったりとこだわりを持ったカードでもあります。

 

(1ポイント=タリーズカード4円分)

 

 

カエトクカードのチャージ

カエトクカードというちょっとマニアックなカードがあります。阪急・阪神・島屋でしか利用できないのが残念な部分で、入手するのに阪急百貨店や阪神(梅田)に行かないと貰えないという、ある意味こだわり向けのカードです。

 

(ペルソナVISAカード会員の方:1ポイント=4円分チャージ・それ以外の方:1ポイント=3円分チャージ)

 

 

ポイント移行サービス

nanacoポイント

セブンイレブンで活躍するナナコカード。こちらも昔よりかは使える店舗も増えてきていますが、やはりセブンイレブンでの買い物の時に最適でしょう。

 

(1ポイント=nanaco3ポイント)

 

 

WAONカード

最近は依然と比べて少しづつですが使える店舗も増えてきているWAONカード。イオンだけではなくファミマなどコンビニや、有名なドラッグストアなどでも活躍します。

 

(三井住友カードWAON:1ポイント=WAON5ポイント・その他1ポイント=WAON3ポイント)

 

 

PiTaPaショップdeポイント

主に電車やバスなど公共交通機関の乗り物で利用できるPiTaPa。全く知らない・使わない方も多いと思いますが、ショップdeポイントというポイントサービスがあり、貯めたポイント(500ポイント50円)で運賃に充てることができます。

 

(1ポイント=PiTaPaショップdeポイント50ポイント)

 

 

楽天Edy

電子マネーで比較的有名な楽天Edy。使える店舗が多いのが特徴で、クレジットカードには劣ると思いますが、普段の生活において使えるシーンは結構あります。

 

(1ポイント=Edy3円分)

 

 

バンダイのプレミアムポイント

おもちゃなどを販売しているバンダイの通販サイトで使えるポイント「プレミアムポイント」に移行することが可能です。

 

ちなみにおもちゃだけではなく、ケーキなどの食品、服、ピアスやまつ毛美容液などまで、あらゆるキャラクター関連のグッズがたくさんあるので魅力を感じられるサイトでもあります。

 

ただ、プレミアムポイントはこのバンダイの通販サイトでしか使えないのが残念な点でもあります。

 

(1ポイント=プレミアムポイント 4ポイント)

 

 

ベルメゾン・ポイント

ベルメゾンのショッピングサイトで使えるポイントがあり、そのポイントと交換が可能。さらにベルメゾン・ポイントから違うポイントに交換したりすることも可能です。

 

(1ポイント=ベルメゾンポイント5ポイント)

 

 

楽天スーパーポイント

知らない人は少ないと思いますが、楽天市場もそうですがそれ以外でも使える・貯めることの出来る「万能型ポイントサービス」でもある楽天スーパーポイントに移行することが出来ます。

 

(1ポイント=楽天スーパーポイント5ポイント)

 

 

Amazonギフト券

楽天と同じぐらい有名なAmazon。ギフト券といっても紙のギフト券ではなく、アマゾンのアカウントより登録するような形でのギフト券となります。

 

(1ポイント=Amazonギフト券5円分)

 

 

dポイント

dポイントというとドコモの携帯電話の料金などに使える、というイメージが強いですが、実際はマックやドトールコーヒーなどでも使えたり貯めたりできるようになっています。

 

(1ポイント=dポイント5ポイント)

 

 

WALLET ポイント

AUのサービスで利用できる「WALLET ポイント」に交換できます。こちらはドコモのdポイントとは違い、auのサービスを使っていない方は交換しても意味ないでしょう。

 

(1ポイント=WALLET ポイント5ポイント)

 

 

ゴールドポイント

ゴールドポイントとは、主にヨドバシカメラで利用できるポイントを指します。主にインターネット通販サイト・実店舗などで利用することができます。

 

(1ポイント=ゴールドポイント5ポイント)

 

 

ビックポイント

ビックカメラで利用可能なポイントのこと。ネットショップはもちろん、リアル店舗での利用も可能なポイントです。またビックポイントは有効期限があるのでご注意ください。

 

(1ポイント=ビックポイント 5ポイント)

 

 

ジョーシンポイント

家電量販店でおなじみのジョーシン。大阪を中心とし現在では様々な地域へ店舗展開をしていますが、そんなジョーシンで利用できる「ジョーシンポイント」に交換することが可能。

 

(1ポイント=ジョーシンポイント5ポイント)

 

 

PeXポイント

PeXとは主にポイント交換サービスを行っているサイトで、Gポイントのようなお小遣いサイトの機能も備わったサービスを提供しているサイト。このPeXで利用できるPeXポイント(1pexポイント=0.1円)と交換ができます。

 

(1ポイント=PeXポイント50ポイント)

 

 

Gポイント

お小遣いサイトやポイント交換サイトとして有名なGポイント。Gポイントというのはサイト名でもあり、ポイントの名称でもあります。

 

このGポイントにも交換できるのですが、どうやらGポイントを運営する会社の株主が三井住友カードみたいなので、このようなサービスを行っていると考えられます。

 

(1ポイント=5Gポイント)

 

 

Pontaポイント

ポンタカードというと「ローソン」「ゲオ」などを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし実際にはカラオケ本舗まねきねこやケンタッキーなどでも利用できたりもします。

 

そんなポンタカードを提示して貯まるポイント「Pontaポイント」に交換が可能。

 

(1ポイント=Pontaポイント4.5ポイント)

 

 

Tポイント

ポイントカードといえばTポイントはとても有名でしょう。最もメジャーなポイントカードで活用している方は多いのではないでしょうか。Tポイントに移行することも出来ます。

 

(1ポイント=Tポイント4.5ポイント)

 

 

自治体ポイント(1P=1円)

自治体ポイントは、特定のお店・公共施設などで利用できるポイントのことですが、交換にはマイナンハ?ーカート?か?必要だったりとても面倒なのでお勧めできません。

 

 

しかも交換をしても使う場所はほとんどなく、めいぶつチョイスというネットショップが少し使えるかな、と思う程度ではっきり言って交換するのは微妙だと思います。

 

 

2017/12/25日までポイント増量中。ワールドプレゼント1ポイント=6ポイントとなっています。

 

(通常1ポイント=5ポイント)

 

 

カテエネポイント

こちらは中部電力を使っている方しかメリットがないのですが、中部電力には「カテエネ」というサイトがあります。

 

サイトではコラムを読んだりサイト登録、ご利用実績を調べたりチラシのチェックなどでも「カテエネポイント」というポイントを貯めることができます。

 

このカテエネポイントというのは電気代のお支払い(カテエネ1ポイント=1円)などでも使えるのですが、このようなポイントにまで交換をすることが出来ます。

 

(1ポイント=カテエネポイント5ポイント)

 

 

Google Playギフトコード

音楽の購入やアプリの課金などで使えるGoogle Playギフトカード。有効期限がないのでずっと持っていてもOKというのがメリットで素晴らしいカードです。

 

 

そんなGoogle Playギフトカード(ギフトコード)にポイント交換をすることが可能です。

 

(1ポイント=5円分)

 

 

JAF

JAFはポイント交換ではなく、JAFの年会費の支払いに使うことができます。JAFの年会費は4000円ですので、実質ワールドプレゼントを利用すると無料となります。

 

JAFカード(三井住友)の場合はワールドプレゼント400ポイント(4000円相当)になり、JAFの会員証と一体型カードではポイントが優遇されている感じでしょうか。

 

それ以外ですとワールドプレゼント800ポイント必要となります。

 

 

マイレージ移行

クリスフライヤー(1ポイント=3マイル)
ミッレミリア(1ポイント=3マイル)
ANA(1ポイント=3マイル)
ANA VISAカード・ANAマスターカード・ANA銀聯カードの場合
ANAクラシック会員(1ポイント=5マイル・1ポイント10マイルコースは手数料が必要)
ANAゴールド会員(1ポイント10マイル)
ANA VISAプラチナ プレミアムカード(1ポイント15マイル)
ANA 銀聯カード(1ポイント5マイル)

 

 

どのサービスと交換するのがお得?

 

上で書いたように様々なサービスでワールドプレゼントのポイント交換をしたりチャージをしたりすることが出来ますが、果たしてどのサービスを利用するのがお得なのでしょうか?

 

 

一番お得!というのは一概に決めることは出来ませんが、よく利用するサービスがあればそれに使うのがいいと思いますが、注目したいのが「1ポイント5円となっているか」です。

 

 

例えば「キャッシュバック」ですと1ポイントが3円ですので、若干損になります。逆に楽天スーパーポイントでは5ポイントに交換することが出来るので、お得さはこのように変わってきます。

 

 

お勧めとしては「楽天スーパーポイント」「三井住友カードWAON」「マイル移行」ですが、マイルは飛行機に乗らない方は必要ないと思いますので、楽天スーパーポイント辺りが無難でしょうか。

 

 

他には三井住友VISAプリペイドカードのチャージ、三井住友カードiDのキャッシュバックなどもいいかもしれません。

 

 

また、たまにポイント増量キャンペーンなどを行っている場合があるので、そのような時は該当するサービスで交換したりするのがお得になる場合もあります。